臭い問題

車の査定を受けるとき、どういったポイントがマイナス査定に影響するのかといったことを考えることはないでしょうか?
あれが原因で、これが原因で、定額の査定になってしまうんじゃ?という不安を抱くこともあるでしょう。

実際によくイメージされるのが、車内の汚れが、マイナス査定につながるのでは?といった勘違い。
実は、汚れよりも、臭いのほうが、査定の際にマイナスの影響を及ぼすのです。

中古車として売り出されることになる車は、次のオーナーの手元に渡るわけですが、次のオーナーにとっても、臭いがきつい中古車というものは、敬遠しがちです。
そんな理由から、臭いが強い車というものは、査定の際に、マイナスの査定を受けるケースがたくさんあります。

また、ペットと一緒に車によく乗る人にとっては、ペットの臭いも問題です。 車内の内装を引っ掻いた痕や、カーペットやシートへのペットの汚れといったものも、マイナスの査定となってしまいます。

愛車を乗るということは、やはり、常に車を清潔に保つということでもあるでしょう。 やがては愛車も査定に出し、売却をする日が来るということを想像しながら、常日頃、車を清潔に保つよう心がけましょう。

マメに車を換気したり、スプレーをしたりすることで、車を清潔な状態にキープできますので、将来の高額査定を目指すため、しっかりと配慮して車に乗りましょう。